コロナ禍でのテレワーク

コロナ禍でのテレワーク はコメントを受け付けていません
Filed under 会社

コロナ禍での日常を過ごすようになってからもう1年半が経とうとしています。

昨年の最初の緊急事態宣言が発令されたときには、コロナ禍以前の日常に戻るのに半年、

いや長くても1年くらいかと思われていましたが、

ここにきて長期戦の様相を見せております。

新型コロナの感染率を下げるには、

密をさけるための時差通勤や在宅勤務が有効と言われておりますが、

当社は昨年度の緊急事態宣言の発令時より、

社員の健康と安全を考慮して在宅勤務を含むテレワークを推進してきました。

もともと現場に直行するフィールドエンジニアが多数おりましたので、

コロナ禍になる前から一部のセクションでテレワークは定着していたのですが、

社内でソフトウェア開発等を行うエンジニアも対象に制度を拡充させました。

ソフトウェアの開発などを主たる業務としている部門では、

在宅と出社を組み合わせるスプリットオペレーションという方式を採用しています。

部門メンバーを偶数日出社のTeamAと奇数日出社のTeamBの2つのチームに分け、

チームの出社日には必ず管理者を含めてマネジメントを行うという仕組みです。

海外拠点で働く社員とのWebミーティングもほぼ毎日行うので、

出勤者とテレワーカーが入り混じる「まだら状態」になっても、

ICTツールを使って社員同士の一体感を保ち、孤独感を払拭するよう配慮しています。

大事なことは、自社にとってのテレワークのメリットやデメリットを認識し、

ICTツールを活用することで物理的にオフィスを共有していなくても、

デスクトップ上で仮想的な職場を再現できる領域を増やすスタンスを持つことです。

ストレスフルな通勤時間や取引先への移動時間をなくすことで、

個人のパフォーマンスが上がり、それによって組織や企業のパフォーマンス向上に

つなげられるよう今後も継続的に取り組んでいきたいです。

 

採用活動の先にあるブランディング

採用活動の先にあるブランディング はコメントを受け付けていません
Filed under 会社

今年は19名の新卒採用をしたのですが、

来年度入社の新卒採用もすでに始まっております。

採用活動のファーストアプローチは仕事の内容を

学生の皆様にわかりやすく理解していただくことです。

口頭での説明やパンフレットを使って訴求するのが一般的ですが、

動画の活用も非常に有効です。

このたびYouTubeチャンネル用に動画を作成しました。

映像時間は数分ですが、現場で働くエンジニアの生の声が聴けて、

当社のエンジニアとしてのポジションがうまく伝えられたかなと思います。

あわせてパンフレットの内容も更新し、

動画と説明用パンフレットと採用担当者の説明が

交響曲のようによく響きあうように工夫してみました。

『イクスのエンジニアといえば?』の答えに応えるブランディングを

仕掛けていきたいと考えています。

是非アクセスしてみてください!

2021年度 入社式!

2021年度 入社式! はコメントを受け付けていません
Filed under 会社

今年は19名の新入社員が誕生しました。

新入社員代表の宣言も良かったです。

コロナ禍に負けず、攻めの姿勢で参ります!

東京都の広報雑誌「東京カイシャハッケン伝!」掲載

東京都の広報雑誌「東京カイシャハッケン伝!」掲載 はコメントを受け付けていません
Filed under 会社

東京都が主幹する中小企業しごと魅力発信プロジェクトに係る

広報雑誌「東京カイシャハッケン伝!」に当社をとり上げていただきました。

本雑誌は、東京都が取り組んでいる就職に係るイベントや情報提供の場で

配布されております。

弊社では、新卒採用および中途採用の会社説明用ツールとして活用しております。

Webサイト版もございます(以下よりアクセスできます)
<トップページ>
https://www.kaisyahakken.metro.tokyo.lg.jp/index.html
<企業ページ>
https://www.kaisyahakken.metro.tokyo.lg.jp/company/iix/

↓ 写真に写っているイクスのロゴ・オブジェは、当社の技術者が業務用レーザーカッターを使って製作し、私にプレゼントしてくれたものです!

2021年 新年ご挨拶

2021年 新年ご挨拶 はコメントを受け付けていません
Filed under 会社

新年あけましておめでとうございます。

令和3年の干支(えと)は「辛丑(かのとうし)」。

意味をひも解いてみますと、辛(かのと)は、

エネルギーが噴出して困難を乗り越え、よい方向に拡大する。

丑(うし)は、曲がったものを真っすぐにして新たに始まる。

この辛と丑が組み合わさると、物事の終わりには痛みを伴うが、

その後に新しい命の芽吹きがある、となります。

まれにみるエネルギーに満ちた年に、新たに始まるミッションを実現するため、

全社一丸となり力を合わせ、困難に打ち勝つ覚悟を持って仕事を開始します。