Monthly Archives: 2月 2010

結果が主役

0
Filed under 会社

バンクーバー冬季五輪で、日本人選手活躍のニュースが連日流れています。

スノーボード男子ハーフパイプ(HP)の日本代表である国母選手は、カナダ

現地入りしたときの服装と会見での態度に抗議の声が殺到しましたが、本番では

ダイナミックな競技でお茶の間にインパクトを与え、決勝に進出し8位入賞と結果

を残しました。

国母選手は21歳。国民の代表として日の丸をつけていることの意味を理解し、

記者会見では一人の大人としてきちんと振舞ってほしかったと思うのは、一般の

国民目線からすれば当然だったかもしれません。しかし、この一件を元・アイス

ホッケー日本代表選手だった友人と話していたら、彼はアスリートならではの

視点で国母選手を見ていました。彼曰く『日本代表なのだから、まずは競技で

結果を残すことが一番重要である』と。

競技で結果を残すことが日本代表に選ばれたトップアスリートの役割であるという

意見には重みを感じます。日本代表には常に結果が求められます。結果が全て

の世界では、結果を出さなければどんなに品格があっても意味がありません。それ

はスポーツの世界に限らずビジネスの世界でも同じことが言えるのではないでしょ

うか。皆さんはこの件についてどう思い、どう考えますか?

能力の限界を超えて

0
Filed under 会社

先週の土曜日に見たNHKのドキュメンタリー番組は凄かった。

番組のテーマタイトルは、世界のトップアスリートの肉体・パフォーマンスに

最新撮影機器と科学を駆使して迫る大型シリーズ「ミラクルボディー」。今回は

冬季五輪のアルペン・ダウンヒルのトップ選手に注目し、その能力に迫る内容

でした。高速・急斜面で選手達は恐怖をどうやって乗り越えているのか。トップ

選手の筋肉や脳を比較しながら番組は進みます。

最高時速160kmで急斜面を滑降し、転倒すれば死につながりかねない恐怖と

闘いながらレースをする選手達。この競技の王者であるノルウェー出身のアクセル

・スピンダル選手は、一度レースで顔面を骨折するという大きな事故を乗り越え、

チャンピオンとして君臨しているトップアスリートです。大怪我による心理的恐怖

が原因で元のようなレースはできないと言われているなかで、なぜスピンダル選手

は恐怖を克服し復活できたのでしょうか。

時速160kmの滑降中は景色がものすごいスピードで目に飛び込んでくるので、

まばたきの瞬間に多くの情報が失われます。恐怖は脳への情報量不足が原因

のひとつなので、選手は情報量を極力減らさないように、本能によってまばたき

をしないのだそうです。

スピンダル選手のレース中の“まばたき”は1分間に1回だけです。他の選手と較

べて、まばたきの回数が極端に少ないのです。参考までに剣道のトップ選手は

1分間に4回、卓球のトップ選手では1分間に5.5回です。1分間に1回だけの

“まばたき”は、能力の限界を超えたスピードに挑むために心を強く持ち、集中力

を極限まで高めた結果です。心の強さを持ち続けることにより体に新しい反応が

生じたのです。

命をかけるようなスポーツ選手と同じ気持ちで自分は仕事に向かっているのだろうか。

本能を呼びさますような極限状態を超えるチャレンジの場に身を置いているのだろうか。

ふと自分自身に問いかけた週末でした。

人と財

0
Filed under 会社
休みの日に友人の画家に誘われて美術館に行ったときの話。
- ひととおり絵画の解説をしてくれてからの会話。

「この中で気になる絵あります?」

『これかな (と指した作品がモネの“睡蓮”であった)』

「どう感じましたか?」

『落ち着いた印象かな・・・』

「1週間後にまた来て見たら、違う印象を受けるかもしれませんよ。」

『そうかなー』

「それが絵を見るときの楽しみなのです」

同じ人でも時間軸によって絵から受けとれる印象が変わるのだな、と実感した

瞬間でした。

企業でのリーダーの仕事は、常に変化する環境下で、さまざまな人たちの考え

を纏め目標に向かって同じベクトルに向くように指導して、成果を出すことです。

成果を出すことで、メンバー全員の物心両面を満たすことができるのです。

どんなに優秀な人材が集まっても、違うベクトルに向かって個人が勝手に進め

ば、結果はプラスになるどころかマイナスになる可能性もあります。

人の力の源泉は、皆がそれぞれ持っている潜在能力であり、一人一人違うと

思います。違うということは、潜在能力を活かす方法も一人一人違うという

ことでしょう。才能に恵まれた人材を選びだし、目標とする成果をはっきりと

示し、人の強みを伸ばしながら動機づけし、成果につなげていく。

簡単ではありませんが、成功すれば人材は会社の財産である人財となります。

リーダーの仕事には大きな価値があるのです。

たまには週末に美術館に行かれてはいかがでしょうか。

仕事につながる大きな発見をするかもしれません。

プレッシャーを楽しむ

0
Filed under 会社

日経新聞に、プロゴルファーの青木功氏によるプレッシャーをテーマにした

文章が掲載されていて、読んで印象に残ったのでご紹介します。青木プロの

経歴はあらためて言うまでもありませんが、その勝負強さは世界でも認められ

ている存在です。青木プロのプレッシャー克服法はいたってシンプル。

まず自分のほうが相手より実力が上と思え、そして結果はあくまでも結果なの

で気にするな。10回勝負して1回勝てば、10分の1勝負に勝ったと思え。

その1勝がプレッシャーに勝てる自分をつくる。

世界でご活躍された青木プロの勝負強さには見習うものがありますが、さらに

青木プロは、プレッシャーの克服よりも、もっと大事なものがあると言っています。

まず前提として自身の努力が欠かせないとし、その努力は自分ひとりではなく

周りにいる多くの人の支えがあってこそできることだと。だから常に周りの人との

出会いに感謝をすること。結果を出したら、今度は今までの自分の経験したこと

と、その経験を支えてくれた人達との出会いの大切さを次の世代に伝えること。

プレッシャーを感じられたことを出会った人への感謝につなげる青木プロの

考え方には感銘を受けます。プレッシャーのかかる場面で、支えてくれている

誰かが「やれよ」と背中を押してくれるイメージが浮かんできたら、プレッシャー

は楽しむものに変わっているのではないでしょうか。