Monthly Archives: 10月 2011

日本のスティーブ・ジョブズが本を出版!

0
Filed under 会社

2011年10月6日、スティーブ・ジョブズ氏がこの世を去りました。

ジョブズ氏はアップルコンピューターの創業者であり、

新しい市場を自らの情熱と行動力と類稀なる才能を武器に切り開き、

多くの失敗にもめげずに、あるときは破壊的な思想を貫きながら成功を手にしてきました。

その結果、i-Mac 、i-Pod、 i-Phone、i-Pad と革新的でユニークなデジタル機器が

世に広く行き渡り、我々はその恩恵を受けているという訳です。

同じ経営者として、その考え方から学ぶことも多く、

当社の経営方針やビジョンを策定するにあたり少なからず影響を受けています。

ジョブズ氏の功績を称え哀悼の意を表します。

さて、随分と昔から親しくさせて戴いている古くからの友人で、

私が勝手に日本のスティーブ・ジョブズではないかと思っている人物がおります。

その名は森平茂生氏。

今ではすっかり有名になったサンダル靴のクロックスを日本国内において、

たった一人のワゴンセールで1足目を売ることからスタートさせ、

3年後に100億円企業になるまで成長させた男です。

昔から抜群の好奇心と行動力で知られていた森平氏は、

ブランド戦略のエキスパートでもあります。

滅多なことではライセンスを認めない英国アップル社とのビートルズのライセンス契約

を実現させたりするなど、その破天荒な行動力で未知の世界を切り開き、

常にリスクテイカーとして困難に果敢にチャレンジする姿勢は尊敬に値します。

「気持ちで動くのが人だよ・・・」が口癖で、

新たな可能性にチャレンジするにはリスクを背負い、

新しい市場を自ら作っていかなくてはならない、と熱く語りつくす姿は、

かのピーター・ドラッカー先生が示唆される

「他社と競争するのではなく顧客のニーズと競争するのだ・・」

という考え方と重なってきます。

森平氏と私の携わっているビジネス領域は、B to C とB to Bの違いはありますが、

リスクテイカーとして後悔のしない生き方を標榜する点では同じです。

先日森平氏は本を出版されたのでここにご紹介します。

『ゼロから3年で100億円企業を作った男のガムシャラ仕事術』 森平茂生著 総合法令出版発行

また、スティーブ・ジョブズ氏の伝記も昨日発売されたのでこちらもご紹介しておきます。

評伝『スティーブ・ジョブズ』 ウォルター・アイザックソン著 講談社発行

スタンフォード大学2005年卒業式で行われた伝説のスピーチでの最後の言葉が印象に残っています。

Stay hungry, stay foolish!”

CEATEC JAPAN 2011

0
Filed under 会社

「未来をつくる最先端技術」をテーマに開催されている シーテックジャパン2011 に、

当社も出展させていただいております。

有機ELパネルを当社の画質改善技術により高画質化させるデモを実施中。

土曜日まで幕張メッセで開催中ですので、よろしければ見に来てください。

電子部品・デバイス&装置ステージ 場所はHALL8

PICT1454

PICT1443

PICT1458