Monthly Archives: 3月 2012

コミュニケーションの原点

0
Filed under 会社

先日、ある若者から聞いた話でとても感心したことがありました。

彼は学校の運動部に在籍し、1年前に主将に任命されたことがきっかけで、

人とのコミュニケーションの大切さを知ることになったのです。

頼りにしていた先輩が卒業し、別れの感傷に浸る暇もなく主将に任命され、

新入部員のリーダーとしてチームを率いることになりました。

最初は自分の思い通りに選手を動かそうと奮闘努力しましたが、

自分だけが空回りしてチームの活力が失われてしまいました。

次にチーム全員に好きなようにやらせたらこれも大失敗。

真面目に取り組んでいる部員から失望の念を受けてしまいました。

どうしていいのか悩みに悩み、

最後に部員と良く話し合う機会を意識して持つようにしたところ、

部員ひとりひとりが自発的に協力するようになったそうです。

こうしてチーム全体がまるでひとつの生き物のように動き始めると、

試合でも結果を出します。

ノーマークのチームでしたが最後は東京都ベスト8に残るという快挙を成し遂げたそうな。

物事を良き方向に導くためには、自己中心的な考え方は論外ですが、

相手の立場を尊重するだけでも足りません。

お互いの立場を慮る言葉のキャッチボールが続く延長線上に、

良き結果がもたらされるのではないでしょうか。

悩み-時間 = 諸行無常

0
Filed under 会社

仕事で何度かお会いしている方から、たまにこう言われることがあります。

『井本さんはいつお会いしても前向きな考え方で、悩むことなどないのでは?』

確かにあまり悩みこむタイプの人間でないことは自覚しておりますが、

過去においては、

うまく行かないことが続くと、これから先もずっと同じ状態なのではと思ってしまい、

それが原因で、時には胃の痛みに苛まれたりすることも何度かありました。

幸いなことに諸先輩方のご指導のお陰で、

人は経験を通じて常に成長しているのだから、時間を味方につければ、

どんなに大きな問題であっても、自然と自分の気持ちを良い方向に変えていけるのだ、

と少し悟れるようになってきました。

平家物語の有名な書き出しにもこうあります。

「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり・・・」。

たとえ人の心であっても変わらないものなど存在しないのです。